【賃貸・マンション向け】セコムのホームセキュリティ機器一覧と用途

賃貸や小規模戸建て向けの「セコム・ホームセキュリティ スマートNEO」で使用される機器について、その一覧や用途に焦点を当てて徹底解説します。

本記事の要約

マンション・アパートや小規模戸建てにお住いの方向けにセコムが提供している「ホームセキュリティ スマートNEO」。このセキュリティサービスには、住まいに設置するセキュリティ機器も含まれています。

本記事では、それらの機器について、どこに・どのように設置されるのか、設置される目的や役割をひとつずつ説明していきます。

「セコムを利用したいけど、どんな機器を設置されるのか心配」「使い方とか難しくないか不安」と考えている人たちの疑問を解消出来れば幸いです。

ぜひ最後まで読んで、セコムのセキュリティ機器に関する知識を深めましょう。

本記事で解説するポイント

・ホームセキュリティ スマートNEOの機器一覧

・ホームコントローラー

・窓/扉周りのセンサー

・空間センサー

・煙/熱センサー

戸建てにお住いの場合

セコムは、一般的な規模の一戸建てにお住まいの方には「ホームセキュリティNEO」というサービスを提供しています。

そちらで使用するセキュリティ機器は、「スマートNEO」の機器とラインナップが異なります。具体的には、スマートNEOの方が数が少ないです。また、一部の機器は名称は同じでも機能が若干異なります。

そのため、戸建て・持ち家にお住まいでセコムの機器について詳しく知りたい方は、この記事ではなく以下の記事を読むことをおすすめします。

【MEMO】無料でセコムの資料請求を行う方法

セコムは資料請求から見積もりまで無料。ネットからでも可能です。

下線部をクリックもしくはタップして公式サイトへアクセス。「資料請求」という箇所から申し込めます。スマホからでも大丈夫です。▶ セコム・ホームセキュリティ

ホームコントローラー

スマートNEOの操作を行う装置

ホームコントローラーは、ホームセキュリティスマートNEOの各種設定の操作を行う装置になります。

セコムのホームセキュリティ機器は常に侵入者、異常を感知している訳ではありません。在宅の時は防犯機器が反応するのを防ぐためにOFFにし、逆に外出時は機器をONにし警戒状態にするという使い方をします。

ホームコントローラーでは、ボタンを押すだけでこの警戒状態のON/OFFの切り替えが行えます。

注意点として、スマートNEOのホームコントローラーはスマートフォンで操作を行う事ができません(実は、戸建てプランで提供される「ホームセキュリティNEO」の方のホームコントローラーはスマートフォンで操作が出来ます)。

名前にスマートと付けられていますが、スマートフォン操作非対応ですので、勘違いしないようにしましょう。

どこに設置するのが良い?

セコム公式サイトでは、ホームコントロールの推奨設置場所についての記述はありませんでした。実際にSECOMを導入する際にSECOMのスタッフと相談の上、取り付け場所を決めると良いでしょう。

ちなみに、スマートNEOのホームコントローラーは、壁に設置し、一度取り付けたら場所を変更することは出来ません。

フラッシュライト

異常事態を周りに知らせるライト

フラッシュライトは、家の中に異常事態が起きたことが外からでも瞬時に判断できるようにするために設置されるライトです。

この機器は、屋外に設置されるのですが、これが有ることで以下の効果が期待できます。


・外から異常が確認できるので、住民が侵入者と鉢合わせすることを防げる

・ライトが目印になり、駆け付けたセコムスタッフが迅速に異常があった住宅を発見できる

・発光するランプを見て近隣住民が異常事態に気付いてくれる


上記の効果から分かるように、なるべく外から目立つ場所に設置するのがベスト。通常は玄関扉の外側の外壁の上部辺りに設置されます。

集合住宅の場合は設置されない

フラッシュライトは「アパート・マンションなどの集合住宅では基本的に設置されない」とセコムの公式サイトで案内されています。

スマートNEOにおけるフラッシュライトは、基本的に小規模戸建て専用と考えるとよいでしょう。詳しくは担当のスタッフと相談することをおすすめします。

窓・扉周りのセンサー

窓や扉の開閉を感知するセンサー

スマートNEOで使われている窓・扉周りのセンサーは、いわゆる磁気を利用としたマグネットセンサーで、これは窓の防犯器具としてよく用いられるものです。

マグネットセンサーは、窓の開閉、扉の開きを感知するという代物。ゆえに、窓ガラスから侵入する泥棒を検知するのに有効です。しかし、窓ガラスを大きく破壊し、窓の開け閉めを行わずにガラスに空いた穴から侵入すれば、センサーを突破することが出来ます。

スマートNEOの機器パックでは、窓・扉周りのセンサーは上限3個までとなっています。

ベランダの掃き出し窓へ設置がおススメ

掃き出し窓とは、ベランダに取り付けられた人が出入りする大きは窓のこと。マンションにお住まいの方、特に高層階にお住まいの方は、掃き出し窓の防犯が疎かになっている場合が多いです。

しかし、屋上からロープを垂らして高層階のベランダに侵入する泥棒もいるので、高層階だからといって油断は禁物。もちろん1階や2階など低い階数にお住まいの方も掃き出し窓の防犯にしっかりと行うべきです。

ゆえに窓センサーはこの掃き出し窓に設置するのが最適です。

空間センサー

部屋の中を監視するセンサー

空間センサーは、部屋の中で人の熱を感知して、侵入者を見つけ出します。たとえ窓センサーが突破されたとしても、この空間センターが侵入者を検知してくれます。

設置場所はリビング・ダイニング等のセンサーを遮る物がない比較的広い空間が効果的です。こちらの空間センサーは侵入者の発見に効果的ですが、クーラー等の風を検知してしまう場合があるようです。

スマートNEOでは空間センサーを1つみとなります。

関連記事
人気
カテゴリー
人気の記事

昨日の人気の記事